TOP  >  更年期障害の重い人・軽い人

更年期障害の重い人と軽い人は何が違うのでしょうか?

Sponsored Link

女性が40代にさしかかると、卵巣機能が低下し、
卵巣から分泌される”エストロゲン”の量も徐々に減少してしまいます。

エストロゲンが減少すると、脳から
「エストロゲンが不足しているからもっと出して」
と命令が出されます。

ところが、卵巣機能が低下しているために十分なエストロゲンが出せず、
脳は命令を出し続ける事になります。

すると、脳からの命令と卵巣機能のバランスが崩れ、
自治つ神経が不安定となり、更年期特有のほてりや動悸といった
さまざまな症状が出てしまうのです。

しかし、これら更年期障害と呼ばれる症状には個人差が大きく、
症状の軽い方は、急に生理が来なくなりその後特に症状のないまま
更年期を終える方もいます。
一方、 逆に重い方は数年間もの間、ホットフラッシュや動悸、頭痛
などに悩まされる方もいます。

更年期障害が重い方の特徴

  • PMS(月経前症候群)の重い人

PMSは月経前に起きる身体的、精神的な症状を示す症候群。
生理痛を代表とする不快感などの事です。
PMSが重い方は女性ホルモンの変動に敏感に反応してしまう事が多く、
更年期でホルモンバランスが乱れると、 症状が大きく出るといわれています。

  • 生活が不規則な人

更年期障害はホルモンバランスの乱れで自律神経失調症を起こしやすい
状態になってしまいます。
生活が不規則な人は、普段から自律神経失調になりやすい状態なので、
更年期障害が重くなりがちです。

  • ストレス・過労・食生活が乱れがちな人

生活が不規則な人と同様、ストレスや過労・食生活の乱れは
自律神経を乱してしまいます。

  • まじめで繊細な人

まじめな方や繊細な方は普段からストレスがたまりやすく、
不眠などで生活習慣も乱れがち。


更年期障害が軽い方の特徴

  • 規則正しい生活・食事に気を使っている人

規則正しい生活や食生活は自律神経を安定させ、更年期を迎えても
比較的症状が軽いといわれています。

  • ストレスをうまく発散出来る人

更年期障害は、ストレスから起こる自律神経の乱れが大きく影響します。
趣味や軽い運動などでストレスをうまく発散出来ている方は、
更年期を迎えても、自律神経が大きく乱る事は少なくなるでしょう。

  • 大豆食品等でイソフラボンを摂取している人

大豆に含まれる大豆イソフラボンは更年期で減少するエストロゲンと
よく似た性質を持っています。
大豆食品を食べたり、イソフラボンのサプリを取り入れることで、
更年期障害に効果があるといわれています。

※更年期の症状は個人差も大きく、まさに人それぞれ。
ストレスを発散したり、規則正しい食生活に気をつけていても
症状が重くてつらい方は早めに婦人科へ相談されることをお勧めします。