TOP  >  若年性更年期障害

若い女性に起きる更年期症状?!

Sponsored Link

最近、20代から30代の女性が、生理不順になって"ほてり"や"動悸""倦怠感"と言った 更年期障害のような症状に悩んでいる方が増えているといいます。

一般的に、更年期と呼ばれる時期は女性が閉経する45〜55歳頃になります。
閉経に近づくと、徐々に卵巣の働きも低下していきます。
そして、卵巣機能が低下すると、 卵巣から分泌されるエストロゲンの量が減少してしまいます。 すると、脳は「エストロゲンが不足しているからもっと分泌しなさい!」と卵巣に命令を出しますが、卵巣は命令を受けても十分な量のエストロゲンを分泌する事ができません。
脳は十分なエストロゲンが分泌されないのでさらに命令を出し続けてしまいます。
脳が卵巣を常に刺激し続けるので、最終的に自律神経が乱れてしまい、更年期障害を引き起こすのです。

ところが、卵巣の働きがまだまだ活発な若い女性にも、生理不順をはじめ、倦怠感や頭痛、めまいなど更年期のような症状を訴える方が増えています。
このような「若年性更年期障害」と呼ばれる方の中には、そのまま閉経してしまう方もいて、不妊の原因にもなっています。

若い年齢(43歳未満)で閉経が来てしまう事を”早発閉経”と言ったりしますが、更年期障害の他、エストロゲンの不足により骨粗しょう症になりやすくなる為、ホルモン補充療法を行う必要があります。

早発閉経の原因は染色体異常や自己免疫疾患などの可能性があるそうです。
ただし、多くの場合は無理なダイエットやストレスが原因で長期間月経がない状態が続いているだけ。
この場合「早発閉経」ではなく、卵巣内に卵子が存在している事が多いといいます。
いずれにしても早期に適切な治療を受けないとそのまま閉経してしまうため、早めに婦人科の診察を受けましょう。



若年性更年期障害の原因

「若年性更年期障害」の主な原因はストレス。
早発閉経のような先天性の障害の場合は別ですが、多くの場合、ストレスや食生活の乱れによってホルモンバランスが乱れてしまう事が原因となっていると言えます。
特に、近年は女性の社会進出も活発になり、男性と同じように残業をして、時に休日出勤や出張をこなし、 責任ある仕事が与えられるようになりました。
女性の活躍できる場が広がった事は素晴らしい事ですが、社会における責任も大きくなり、ストレスを感じる機会も多くなったのではないでしょうか。

仕事などで過度のストレスを長期間受け続けると、自律神経が乱されホルモンバランスが乱れてしまいます。
女性の月経とホルモンは深く関係している為、ホルモンバランスが崩れる事でエストロゲンの分泌が減少し、更年期と同じような症状が現れるのです。

また、極端なダイエットや食生活の乱れによる栄養失調もストレスと同様に若年性更年期障害の原因になります。
ダイエットや食生活の乱れで、体に必要な栄養が不足してしまうと、子孫を残す機能(排卵)より、生命維持の為に栄養を使おうとします。
すると、正常に排卵出来なくなり、結果的に生理が止まってしまうわけです。

若年性更年期障害の治療法

まず、若年性更年期障害は別として、無月経の状態が続いている場合、すぐに婦人科の先生に診てもらいましょう。
月経が長期間止まったまま放置していると、卵巣に卵子がある状態でも生理が止まってしまう事があります。

次に無月経の原因を調べましょう。
婦人科で診察を受ければ、血液検査で”早発閉経”か”ストレス”なのか原因が分かります。
早発閉経と診断された場合、ホルモンの分泌が極端に低下しているので、骨粗しょう症など、更年期以降の症状が早い段階で出てきます。
この場合、ホルモン補充療法などでホルモンバランスを整える治療が必要になってきます。

血液検査で異常がなく、卵巣機能やホルモンが正常である場合、日常生活のストレスやダイエットなど不規則な生活が原因で生理不順になっていると思われます。
当然、ストレスやダイエットなど思い当たる事があれば自己改善する事が大切です。
まずはバランスの良い食事を心がけ、十分な睡眠と適度な運動をして生活習慣の改善をすると良いでしょう。