TOP  >  更年期の対処と治療法

更年期の対処と治療法

Sponsored Link

更年期障害は人によってさまざまな症状が現れます。
一人ひとり更年期障害の症状が異なるので、自分の症状に合わせた対処と、
治療法を見つけることが何より大切です。

軽度の症状

日常に差し支えないが明らかに更年期と呼ばれる症状が自覚出来るかた。
そんなあなたには副作用のあるお薬に頼らず、以下の対処法を試してみましょう。

  • 規則正しい生活とバランスの良い食生活

更年期の症状のほとんどは自律神経の乱れによるモノ
規則正しい生活とバランスの良い食生活は自律神経を整える働きがあります。
生活の乱れを自覚している方は、生活面の改善から始めましょう。

  • イソフラボンの摂取を心がける

大豆に多く含まれるイソフラボンは更年期で不足しがちなエストロゲンとよく似た性質があり、更年期障害に効果があるといわれています。
豆腐や納豆など、日常で無理なく大豆食品を摂取するよう心がけましょう。
食物アレルギー等で大豆が口にできない方はイソフラボンのサプリメントで摂取してみると良いでしょう。

 大豆イソフラボンは更年期にも効果的

中・重度の症状

更年期の症状が重く、日常の生活に差し支える時は、
市販のお薬や婦人科の診察を受けるようにしましょう。

  • 市販薬

薬局には更年期障害のお薬があるので薬局の薬剤師に症状を伝え、
お勧めのお薬をもらいましょう。
更年期障害は個人差も大きいため、市販薬の効果が期待できる方がいる一方、
全く効果が無い方もいるので口コミはあまりあてにできません。

  • 産婦人科の診察

更年期の症状がつらい方は、無理せず産婦人科の診察を受けましょう。
診察料や処方されるお薬は健康保険が適用されるので、市販薬を購入するより負担も軽減されます。
婦人科の先生もよく相談に乗ってくれ、一緒に治療方法を考えてくださるので、一人で悩むより気持ちがスッキリするメリットもありますよ。

更年期障害に有効とされるホルモン補充療法なども個件が適用されますが、副作用のデメリットもあるので、先生とよく相談しましょう。

何度も言いますが、更年期障害は個人差が大きく、一人ひとり適切な処置が異なります。
まずは色々試して、自分に合った対処方法や治療方法を早く見つける事が大切です。

 ホルモン補充療法とは?