TOP  >  更年期障害とは?

更年期障害とは

Sponsored Link

更年期障害とは、閉経を挟んだ前後10年間の体の変化に伴う様々な症状の事を言います。
女性は年齢を重ねるにつれ、卵巣の機能が低下していきます。おおよそ45歳から55歳ごろ、更年期と呼ばれる時期に差し掛かると、卵巣機能は急激に低下し、同時に女性ホルモンが減少してしまいます。

人間は誰しも年をとるとホルモンの分泌が少なくなっていきますが、更年期にはその減少が極端で、一時的にホルモンバランスが崩れてしまうのです。
+
ホルモンバランスの乱れによる現象なので、誰しも更年期障害になる可能性があります。ですが、個人差も大きく、ほとんど自覚症状が無いまま更年期を過ぎてしまう方がいる一方、家事も出来ないほど症状が重くなってしまう方がいる事も事実です。

更年期障害の原因

更年期障害の原因は卵巣機能の低下に伴う”エストロゲン”の減少

更年期障害の原因

年齢の若いうちは卵巣機能が活発で、視床下部から”エストロゲン”を分泌させるための指令が卵巣に行くと、指令に従ってエストロゲンを分泌できるのですが、年齢を重ね、更年期に差し掛かると、卵巣機能が低下してエストロゲンを出せなくなってしまいます。

視床下部は指令を出してもエストロゲンが出ないので、さらに指令を出し続け、結果的に指令と応答のバランスが崩れ、体にさまざまな症状が出てしまうのです。

更年期障害の特徴

  • 頭痛や動悸、めまいなど複数の症状が重なって表れる
  • 症状に個人差があり、軽い人や重い人がいる
  • 性格やストレスなどの精神的な事に左右されやすい
  • 日によって症状が異なる事がある