TOP  >  鬱(うつ)病に気をつけて

更年期とうつ病・・・

Sponsored Link

更年期を迎える女性は鬱(うつ)病になりやすと言われ、「更年期鬱(うつ)」として良く知られています。

卵巣の働きが低下する更年期は、エストロゲンの分泌量が激減し、ホルモンバランスが乱れてしまいます。
ホルモンと脳神経は密接に関係しているので、ホルモンが乱れると精神的にも不安定になりやすく、加えて更年期特有の症状(ほてり、動悸、頭痛・・・)と、生理が止まる事への虚無感、子供の進学・就職など、環境や心身の変化も激しいじきでもあり、こうした理由でうつ状態の発症と関係しています。

更年期鬱に限った話ではありませんが、鬱(うつ)は心の風邪とも呼ばれています。
早期に適切な対応で、状態を悪化させない事が大切です。

鬱(うつ)のサイン

鬱(うつ)は心の風邪です。几帳面でまじめな人がなりやすいと言われていますが、周囲の環境や更年期のホルモンバランスの影響で誰にでも起こる可能性はあります。
まずは、ご自分や周りの方の鬱のサインに早く気が付き、早期改善する事が何より大切です。

鬱(うつ)のサイン

  • 睡眠はよく取れていますか?

夜眠れなかったり、眠りが浅い、朝早く目が覚め眠れない事はないでしょうか?
ストレスが原因の睡眠障害は鬱の代表的なサインです。

  • 体のだるさや疲労感がずっと続いていませんか?

倦怠感や疲労感を常に感じ、休んでも解消しない場合は要注意。
心身ともに疲れきっている証拠です。

  • 常にマイナス思考・気分が休まらない

鬱状態になると気分が休まらず、イライラしたり気分が落ち込み、マイナス思考になってしまいます。

サインに気が付いたら・・・
うつ状態に陥る方は考え方が八方ふさがりになっている事が多く、負の思考ループから抜け出せなくなっている事が多いはずです。

例えば、職場の人間関係でストレスを感じている場合、その職場から離れる事(異動や転勤・転職)がもっとも有効な解決方法です。
ですが、鬱(うつ)になってしまう方は、「仕事を辞めると他人に迷惑がかかってしまう」などと言った、”環境を変える事ができない理由”を作り出し、なかなか状況を変える事が出来なくなってしまいます。

ですから、いざとなったら「仕事を辞める自由もある」という事を頭の片隅に置いておきましょう。
そして、心に余裕のあるうちに、「これ以上大変になったら仕事を辞める」と周りに公言しておくと楽になります。
もし、環境を変える事に否定的な人がいたら、その人はあなたを利用しようとしている人であって、決して見方ではありません。

 

更年期鬱の治療法

更年期鬱(うつ)は更年期が引き金となった”うつ病”です。
更年期の一般的な症状は大豆イソフラボンの摂取や、ホルモン補充療法などが効果的ですが、更年期鬱の場合こうした治療方法はあまり効果がありません。
大切なことは、鬱になった原因を取り除く事。
その為、原因となっている環境を変えたり、自発的に休養を取ったりして、気分転換する事が出来れば深刻な状況になる事はありません。

もし、本人に鬱の自覚症状が無いまま進んでしまうと、心療内科で治療してもなかなか治りにくい状態になってしまいます。
また、本人も、うつ病を受け入れられない事も多く、心療内科に行きたがらない事もあります。
本人に気が疲れないように、医療機関に連れて行っても良いでしょう。