TOP  >  エストロゲンの減少で関節痛に?!

女性ホルモンのエストロゲンが不足すると関節痛に・・・

Sponsored Link

最近、膝や指の関節がこわばって、動くのがおっくうになってきた・・・
朝起きると関節が痛い・・・
もう、年のせいかしら?

40代から50代から徐々に現れる体の衰え・・・
でも、普通にしていればそれほど酷くはないからと言って放っておいてはいませんか?


実はこの症状、更年期の症状なのかもしれません。

更年期と関節痛の関係は・・・

40代から始まる関節痛は、更年期の影響が考えられます。
更年期の症状と言うと、ほてりや倦怠感、動悸などの症状を思い浮かべる方が多いと思います。
閉経とともに女性ホルモンの一種「エストロゲン」の分泌が激減する事で、ホルモンバランスの乱れに体が付いていけず、色々な症状が引き起こされるといわれています。

関節痛もこのような更年期の症状の一つ
女性ホルモンと関節のこわばりとどんな関係があるの?
疑問に思われる方も多いはず。

もともと、女性ホルモンのエストロゲンには関節をスムーズに動かすための潤滑油のような役割があります。
女性が更年期にさしかかり、エストロゲンが減少してしまうと、関節をスムーズに動かす事が難しくなってしまうのです。
また、更年期以降は骨粗しょう症になりやすく、関節痛は軟骨が徐々にすり減ってしまう事によって起こります。
女性ホルモンの減少は骨だけでなく間接にもダメージを与えてしまうのです。

さらに、血管が脆くなって血流が滞ると、正座した後のようなピリピリとしびれるような関節の痛みを訴える人も少なくありません。

こうした理由から、更年期以降の女性は特に関節痛になりやすくなってしまうので注意が必要です。

 

関節痛の対策は?

初期の症状は膝や手足の関節のこわばりを訴える方が多いでしょう。
そのまま放置しているとどんどん痛みが増していき、少し手足を動かしただけで激痛が走るほど症状が悪化してしまいます。

関節に痛みがあると動くのも億劫になってしまいます。
すると、筋力や骨がより衰えやすくなり、悪循環で症状がよりひどくなってしまいます。

まずはこのような悪循環に陥らないために、手足のしびれや痛みがある時は、婦人科や更年期外来などで診察してもらうのが良いでしょう。

また、更年期障害による関節痛を防いだり進行を遅らせるために、大豆食品などから積極的に大豆イソフラボンを摂取するように心がけましょう
大豆イソフラボンは更年期で減少するエストロゲンとよく似た性質があり、更年期の諸症状に効果があると言われています。

大豆イソフラボンのおすすめのサプリメント