TOP  >  更年期と間違いやすい病気

更年期と間違いやすい病気

SponsoredLink

更年期の症状は、風邪や疲れによる疲労によく似た症状が出るため、一見どちらなのか分からないケースもあります。
ずっと風邪だと思い込んでいた症状が、実は更年期だったという事は珍しくはありません。

しかし、逆に更年期の症状だと思い込んでいたものが、実は重大な病気の症状だという可能性もあります。特に更年期障害は、全身のいたるところに症状が現れる可能性があり、ほてりや、めまい、手足のしびれと言った症状が現れ、本人ですら病気なのか更年期なのか判断できかねます。

更年期の症状だと勝手に決め付けず、婦人科や更年期外来で診てもらい、更年期の症状でないなら専門の医師を紹介してもらった方がいいでしょう。

糖尿病

更年期の症状に、のどの渇きや疲労感、頻尿と言った症状が現れますが、糖尿病の方にも同じような症状が現れます。
しかも、糖尿病による合併症の症状には、立ちくらみがしたり、便秘や下痢、手足の冷え、ほてりなど、更年期の症状と全く同じ事が起きます。

糖尿病は遺伝するとも言われているので、ご親類の方に糖尿の経験がある場合は要注意。年齢的にも糖尿病になり易い時期なので特に気をつけましょう。

子宮がん

更年期は月経が不安定になり、過多月経(生理の量が多い)や不正出血を伴います。
月経の周期も乱れてくるので、更年期の月経不順が更年期によるものなのか、子宮がん・子宮筋腫によるものなのか区別がつきません。

不正出血は子宮がん等の病気のサイン。子宮がんには子宮頸がんと子宮体がんの2種類あり、どちらの場合も不正出血を伴います。
癌は年齢を重ねるごとに発症リスクが高まります。更年期の症状によってとても重要なサインを見逃してしまいがちです。

癌は早期発見できれば現在の医療技術の進歩により高い確率で治す事が出来ます。早期発見のためにはやはり定期的な検査が必要不可欠。
面倒でも一年に一度がん検診を受ける事が大切です。

その他、更年期症状と間違いやすい病気

月経不順
甲状腺機能の異常・ストレスによるホルモンバランスの乱れ
不正出血
子宮体がん・子宮筋腫・子宮内膜増殖症
性交後の出血
子宮頸癌・頸管ポリープ・膣炎・膣部びらん
めまい・耳鳴り
突発性難聴・中耳炎・脳梗塞・メニエール病・低血圧
頭痛・肩こり
脳腫瘍・くも膜下出血・高血圧・眼精疲労・風邪
手足のしびれ
脳梗塞・変形性脊髄炎
動悸・息切れ
心筋梗塞・狭心症・不整脈・心臓神経症
食欲不振
胃炎・胃がん
便秘・下痢
大腸ポリープ・大腸がん・過敏性腸症候群