更年期障害に悩んでいる方へ

更年期障害はホルモンバランスの乱れにより、さまざまな症状が現れます。

とくに女性の場合、40歳後半になると閉経による女性ホルモンの現象により、脈が速くなったり、ほてりや頭痛、息切といった症状が現れます。
「最近なんだか調子が悪い?」と感じたらもしかしたら更年期なのかもしれません。

更年期障害は45歳前後から55歳ごろまでに現れると言われていますが、症状は個人差も大きく人によって様々。

更年期障害について正しい知識、効果的な治療法やサプリメントをご紹介します

そして、ご家族に更年期を迎えられた方がいましたら、更年期障害について理解し合い、みんなで更年期を乗り切りましょう。

これって更年期障害?

更年期障害の症状更年期障害の症状は肩こりや頭痛など、体の不調として現れます。
風邪や疲れによる症状に似ている為、気付かない方も少なくありません。
この様な症状が10日以上続き、病院に行ったら更年期障害だったと言う方も少なくありません。

自分ではなかなか気が付き難い更年期障害ですが、
似ていますが、風邪の場合10日もすれば完治するのに対し、更年期障害の場合はこの様な症状が長く続きます。

更年期障害の分かり易い症状
夜、寝付く前に火照る、汗をかきやすくなる、動悸、息切れ、喜怒哀楽の感情が極端になる、冷え、肩や腰、背中の痛み、倦怠感、さらには手足のしびれや震えを伴う事もあります。
このような症状がいくつか当てはまる時は、更年期障害を疑い、無理をして悩む前に医師に相談しましょう。

 更年期障害のセルフチェック

  • 頭痛や肩こり
  • 汗をかきやすくなった
  • 寝付きが悪い、眠りが浅い
  • 火照り
  • 動悸息切れ
  • 疲れやすくなった
  • イライラすることが多い
  • 口の渇き、のどの渇き
  • 微熱
  • めまい
  • 耳鳴り
  • 憂鬱になる
  • 肌の乾燥、肌荒れ
  • 爪がもろくなった
  • 性欲の低下、性交痛がある
  • 生理不順

以上の項目の中で、今までには無かった症状や、症状が重くなった項目が3個以上あったら更年期障害の疑いが・・・。
更年期障害セルフチェック!で詳しく見る

更年期障害を正しく知ろう

更年期障害の症状の多くは風邪に似た症状で、本人にしか辛さが分かりません。
しかも、病気ではないため周囲からの理解も得られず、辛い思いを抱え込んでしまう方が多い事も事実です。

症状の要因は卵巣機能の低下に伴うホルモンバランスの乱れからきますが、周りから理解されないなどの環境的・心理的要因も相互に重なり合い、症状として現れると言われています。
更年期に起きる症状は個人差があり、悩みの深さが違うのは、これらの要因に差があるからなのです。

特に、環境的要因は周りからの理解によって和らげる事ができますし、更年期障害の症状に大きな影響を与えます。
ですから、一人で思い悩まずに、ご家族の方に更年期障害と言う事、自分はどんな症状が出ているかを伝える事がとても大切です。
更年期障害とは?で詳しく見る